忍者ブログ
田舎在住マンガ家艶々の日常など
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9
Posted by sitomi - 2017.12.14,Thu

ふたりのおうち第1話のネーム。
ここまでに2回ほど設定だったりを直してたしか3回目の提出ネーム。
これでOK出て原稿スタート。
ちなみにネーム用紙はB4一枚を4分割して4ページ分というもの。
20年ほど前に講談社で貰ったB4の2分割ネーム用紙をベースにして自分で作った。

さて昨日から下書き中。
ときどき逃げ息抜きに見るツイッターで
RTされてたのでなんとなく見てみたtogetterのまとめ。

「正解だけが許される」世界線を生きている子がそのまま社会に出ると困っちゃう、というお話 - Togetter https://togetter.com/li/1180814 @togetter_jpさんから

これには別に社会も会社もいろいろたいへんだなあ、なんておもったくらいだったけど
ふと思い出したのが漫画家志望の子達のことだった。

うちにやってくるアシスタントたちの他にも、10年くらい前までマンガコースのある大学の
講師をしていたのでわりとプロ志望な子に会う機会は多かった。
で、そのころから通して今も、とにかく多いのが、ネームがなかなか完成しない子。

やる気がないわけでもなくて、普段から一所懸命考えてるのも見ているが
数週間経っても数ヶ月経っても結局1本も出来てなかったりする。そういう子が本当に多かった。

どうなってんのかな、と話を聞くと途中までネームを描いたけど頓挫してまた最初からやり直してたり、プロットを書いてもネームを描き出したらイマイチでプロットからやり直し、とか、そもそもプロットが満足出来なくて一枚も描き出すことが出来ないというものなどなど。
延々とその辺を繰り返してる。

で、これをさっきのまとめふうにういうと“正解を見つけるまで完成できない”
というやつのようで。

とにかく完璧な、最初から…いや最初だからこそなのか「傑作」を作ろうとしているのだ。
いや、わかるとてもわかる。”無駄“をしたくないんだよね。
できれば一作目で受賞したいし、描いたものは全て認められたいしね。

でもそもそも傑作は膨大な駄作から生まれるもので、そもそも描いたことがないなら
まず駄作でもなんでも良いからたくさん描くことを目的にするくらいでちょうどいいのだ。

でもそういった真理はおそらくたくさんの量を描かないと理解できないことだから
結果、まだろくに描いたことの無い子達はやっぱり描き出すこと(完成させること)が出来ないスパイラル。

うちにきた子には上記を踏まえてとにかく描けよとはいうけれど
結局本人次第なので強くは言えない。

あ、ちなみにこれはメジャー誌やもしくは一般誌目指すヒトの話ですよ。
エロマンガはまたアプローチからいろいろ違う部分もあるとおもうし。

まあ1人で下書きをして息抜きにネットを見たりしてるとそんなことを考えたりもして
なによりなんで下書きもせずにこんな長文書いてんだと今ココ

がんばる。


PR
Posted by sitomi - 2017.12.10,Sun

降りそうだけどまだ雪は降らない。

「我らコンテタクティ」というマンガを買って読んだ。
表紙買いで情報全くなし。試し読みで女性キャラが魅力的だったので。

新人マンガ家さんの初連載らしいけどすごくすごく面白かった。
最初イメージしているものとどんどん違う方向へ進んでいく展開。
そしてあっけないほどの幕切れ。
なんだか濃い映画を1本見終わった後のような充足感だった。
次回作も読みたいなあ。

そしてまた疲れがピークに来ているこういうときにビッグコミックの増刊を出てて
それを買ってきて「モディリアーニにお願い」を読む。そして泣く。
まーまー毎回良く泣けるなってくらいこのマンガ読むと泣ける。
しかし他の人に読ませるとそうでもないらしい。(そういう人もいるが)
なにか僕にだけ効く特殊成分があるのかな。


Posted by sitomi - 2017.12.07,Thu


ツイッターにもアップした画像ですが。
小夏ゆーた著「そのアパート座敷わらし付き物件につき…」が発売しております。
いやあ、あっという間に出たなあと言うのが実感ですがなかなかに感慨深い。
しかし本人がもっと感慨深いことでしょうな。

さて相変わらずタイトロープのような仕事具合。
チーフたなせの疲弊が激しい。僕も激しい。頼れるのは若い力のみだ。
この苦しさも20日まで。
あ、なんかこの感じ”うる星やつら2 ビューティフルドリーマー”みたいだ。
まああんなふうに同じ時間でぐるぐる回ってても困るんだけどね。


Posted by sitomi - 2017.12.02,Sat

先週のある早朝。資料写真を撮るために久しぶりに春日村へ。バイクで15分。
谷間の急坂にへばりつくような集落に雨上がりの靄がとてもウツクシかった。
この写真には映ってないけど。

昨日は横浜だった。
晩飯はひとり関内にある九州居酒屋みたいなところへ。
前にも行ったことがある。多分チェーン店?
豊後鯖の刺身を食べた。とても旨い。旨いが高い。
半身の値段で軽く牛丼6杯食べられる。
そして慣れ親しんだ長崎の焼酎があったのでいただいたり
関係なく鉄板餃子も食べたりした。
そもそもが価格設定のちょっと高い店のようで
1人で食べた料金じゃないような領収書になってしまった。
うーん。

今日帰って下書き再開。遅々として進まず。
そろそろ別ゴラのネームをやらねばならないというのに。
そんなことを考えてたら眠くなって夕方布団に潜って呻いたりした。

Posted by sitomi - 2017.11.28,Tue


さて拙作に最近伊豆方面に行く話が多い。
なんとはなしに打ち合わせ中に、行ってきたよ~という話をしているうち、
やがて打ち合わせ中のストーリーに組み込まれてしまうという
まあそういうコトになっているのであるわけだが

ネタバレ的に言ってしまえば、おそらくこの先また別のストーリーで温泉地が出てくる。
それは逆に”最近伊豆方面ばっかりですよねえ~”という会話からはじまって
それならまだろくに行ってない箱根にしよう、なんてことからええもう
つまり箱根が出てくるのであります。結局「伊豆方面」じゃねえかというツッコミもありつつ。

しかし願ったり叶ったりで、じつは箱根は1回しか行ったことないし
湯本以外行ったことがないのでここは  取材  という名目で東京出張の帰りにでも
何度かは行って土地勘を養わねばなあ、なんて目論んでいるとこであるのであった。
来年の出張は箱根込みか。

こんなおれにだれがした。
といわれれば、つげ義春の漫画や温泉エッセイがこんな風にしたのだ。
いいですよ「つげ義春の温泉 (ちくま文庫)」。
氏の生活のソコハカトナイ悲しさと共にとても良い。
オススメですよ。




カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[04/09 ももたろふ]
[04/01 アレクサンドル・ビュコック]
[02/21 ももたろふ]
[02/17 アレクサンドル・ビュコック]
[01/30 ももたろふ]
[01/24 ももたろふ]
[01/02 ももたろふ]
[12/31 シェーンコップ]
[12/28 シェーンコップ]
[12/10 シェーンコップ]
最新情報
バーコード
プロ野球Freak
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]