忍者ブログ
田舎在住マンガ家艶々の日常など
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9
Posted by sitomi - 2019.11.24,Sun

来週はネーム合宿でずっと東京。
だけど色々飲む予定もあったりして進む気がしてない。ので早め早めのネーム進行。

カラスヤサトシ先生の「いんへるの」を買って読んだ。
なんとも読後感の悪いマンガで、でもすごく好き。
読んでて全然気持ち良くないんだけど、こういうのいいな、と思う不思議。
おすすめはしません。でも読んで。ってなんかそんなマンガ。

気持ち良くないと言えば「娘の友達」2巻も買った。
シチュエーション的に最近こういうのすごく好きなんだけど
1巻であったざわざわ感がそれに加えてイライラ感まで増してきて
やっぱり読後感はざわざわする。でもなんか好きなんだな。こればっかだ。
そういえばツイッターで、このマンガが色々問題になりかけてるような記事を見たな。
どうなるんでしょうね。

エトス、パトス、しおり、連載中よろしくです。
そして「家出熟女」2巻の作業が終わりました。来月出ます。これにて完結。
そちらもまたよろしくお願いします。


PR
Posted by sitomi - 2019.11.13,Wed

しおりの日記」1巻発売中、「落日のパトス」8巻が来週アタマに発売、
そして「黄昏のエトス」はこんどのヤングチャンピオン烈から連載開始です!
で、黄昏の~に関しては、「ヤンチャンLIVE!」にて先行配信されるので
今号発売直後に第2話が読めちゃうようになるようですよ。
その後、11月26日には「どこでもヤングチャンピオン」という電子雑誌が始まるそうで
そちらでも読めるようです。
やー、情報過多で申し訳ないのですが!まああちこちで読めるよ~!と。
個人的に「ばくおん!」の台湾編とか「性食鬼」スピンオフなどけっこう楽しみにしているのです。

ところで今日「娘の友達」という単行本の2巻を買ってきましてね。
もう1巻からなんかもうモヤモヤする展開だったのが2巻でさらに増幅してきた。
なんというか日常不倫恋愛親子関係のサスペンス?なのかな?
読んでいる間ずっとココロがざわざわしている。
若い娘に手を出すリスクからのブレーキと欲望のアクセルのせめぎ合いがとても面白い。
いや、決して読んでて楽しくないんだけどね(笑)。でも面白い。
3巻がたのしみ。

Posted by sitomi - 2019.11.04,Mon


湯河原で逗留といいながら写真は小田原方面。
湯河原で逗留の3日目、レンタカーで西湘バイパスをブラブラ走ってメシを食いに行った後、
米神という小さな港に立ち寄り、そのまま裏側の山を上って帰ろうとしたら
みかん農道に入り込んで急坂を上る羽目になり、でもそこからの景色がステキだったので
思わず写真を撮ってしまったのであった。

宿はとてもお安い宿で素泊まりオンリー。
1日目こそちゃんとしたメシを食べていたけど、3日目の夜辺りからはもうめんどくさくて
コンビニメシになった。温泉さえ入り放題で布団が暖かければもうそれだけで良いのだ。
おかげでネームは進んだ。・・とはいいつつ不義理が発生。
というのも、最初の予定ではこの逗留の最中、一度東京へ行って何件か打合せなど
するつもりなのであった。ーが、特に切羽詰まった状況のネームがなかったり
そういう意味で焦ったかんじでの編集さんからの連絡もなかったので、何度も温泉に浸かって
なんとなくなんとなく部屋から出ず、巣に籠もったように部屋に居続けてしまったのであった。
そういえば2日目くらいに宿の入り口でアナグマを見た。これからの冬眠に備えて
もうぷくぷくに太っていた。まるで僕のようだ。あれほどのかわいさは持ち合わせてないが。

というわけで帰った途端に編集さんから電話が2~3本。ほんとすいません。
やっぱりこっちから連絡しないといけなかったなー。
11月末はおとなしく東京で籠もります。


Posted by sitomi - 2019.11.04,Mon


湯河原で逗留といいながら写真は小田原方面。
湯河原で逗留の3日目、レンタカーで西湘バイパスをブラブラ走ってメシを食いに行った後、
米神という小さな港に立ち寄り、そのまま裏側の山を上って帰ろうとしたら
みかん農道に入り込んで急坂を上る羽目になり、でもそこからの景色がステキだったので
思わず写真を撮ってしまったのであった。

宿はとてもお安い宿で素泊まりオンリー。
1日目こそちゃんとしたメシを食べていたけど、3日目の夜辺りからはもうめんどくさくて
コンビニメシになった。温泉さえ入り放題で布団が暖かければもうそれだけで良いのだ。
おかげでネームは進んだ。・・とはいいつつ不義理が発生。
というのも、最初の予定ではこの逗留の最中、一度東京へ行って何件か打合せなど
するつもりなのであった。ーが、特に切羽詰まった状況のネームがなかったり
そういう意味で焦ったかんじでの編集さんからの連絡もなかったので、何度も温泉に浸かって
なんとなくなんとなく部屋から出ず、巣に籠もったように部屋に居続けてしまったのであった。
そういえば2日目くらいに宿の入り口でアナグマを見た。これからの冬眠に備えて
もうぷくぷくに太っていた。まるで僕のようだ。あれほどのかわいさは持ち合わせてないが。

というわけで帰った途端に編集さんから電話が2~3本。ほんとすいません。
やっぱりこっちから連絡しないといけなかったなー。
11月末はおとなしく東京で籠もります。


Posted by sitomi - 2019.10.23,Wed


bookLIVEさんとヤングチャンピオンとのコラボで
「ヤンチャンLive!」というのが11/5から始動します。

という告知から入る今回の日記。
そうなのだ。そういうweb企画が始まるのだ。
その後、11/26には電子雑誌「どこでもヤングチャンピオン」も新創刊するのだ。
で「黄昏のエトス」は来月号の「ヤングチャンピオン烈」で新連載として始まるのだけど
それの先読みとして上記2誌?のwebコミックで読むことが出来るという・・

正直に言うと、最初聞いたときもどういう状態なのかよくわからなかった。
連載はどこで?最初に読めるのはどこなん?〆切はどこに合わせるのん?
担当さんに聞いたら、当時は担当さんも混乱していた。
webベースになりつつある時代は色々大変なのだ。
今はもう把握している。ーと思う。

で!
「黄昏のエトス」は前にも一度載ったのだけど
じつはネームだけがかなり前にもう6本ほど出来ていて、それの掲載をどこにしましょうか
という話があって、最初の1話だけまず「YC烈」に載せて頂いて
その後、そのwebとの連動企画でいきましょうということになった。
ありがたし。

ちなみに原稿まで仕上がっているのが既に2話あるので、少し余裕の進行なのだ。
とはいえ全8話のうちネームの出来てないのがあと2話。
最終話は決まっているのだけど、あと1話がねえ…。じつは描いてはあるのだけど
なんだかイマイチつまらないので書き直したいと申し出てそれで今止まったまんま。
早くなんとかしたい。

ちなみに”エトス”は”パトス”のスピンオフで、まこと先生の若い頃…教師時代のお話です。
なので最後でアキくんが出てきます。パトスで描いていたアキくんとの思い出の
あの裏側のお話になるんだろうなーと思ってます。まこと先生の結婚の話も出るのかなあ。
その辺は描いてみないと分からない…といったとこですなあ。

いずれにせよ今とは違う、生徒に翻弄されるまこと先生の姿を楽しんで頂ければ、と。
よろしくお願いします!

さてそんな溜まったネームを一気にこなすべく、そして身体には安らぎを与えるべく
来週はたぶん湯河原あたりの安宿に長逗留する予定。
台風の影響がないといいんだけど。


カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[07/08 ももたろふ]
[07/06 ビュコック退役寸前元帥]
[06/26 ももたろふ]
[06/20 ももたろふ]
[06/11 トクメイ]
[05/26 気動車おやぢ]
[05/20 ももたろふ]
[05/19 翠]
[05/12 気動車おやぢ]
[05/07 島国万歳]
バーコード
プロ野球Freak
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]