忍者ブログ
田舎在住マンガ家艶々の日常など
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7
Posted by sitomi - 2019.02.22,Fri


近くの山村までバイクで出かけて、写真を撮りながら散歩してきた。
山奥の谷あいにある集落なのでアップダウンがものすごくて息が切れた。
最近はそこからすぐ近くの茶畑が天空の茶畑とかもてはやされるようになって
観光客もたくさん来てるようだけど、この集落は静かなものだ。

その後、近所の漫画家たくろうさんが合流したのでバイク2台で
更に奥の“さざれ石公園”まで行ってみた。
君が代の歌の元になった「わが君は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔のむすまで」
という句がこのさざれ石を見て詠まれた、なので国家の「君が代」の発祥地となっているらしい。
中曽根元首相の碑が建っていた。
ちなみにさざれ石というのはにほんのあちこちにある。
よく知らないがやはりそれぞれが「ここが君が代発祥」とか言ってるのかな。
公園というだけあって、広い芝生の場所があってキャンプくらい出来そうだった。
ロウバイの花が咲いていた。

帰って仕事。原稿の下書きと並行して、「落日のパトス」第7巻の表紙のラフを描く。
あれこれ書くが決まらない。今月末がリミットなので早くしないとなあ。
パトスの7巻は4月発売予定です。そして「家出熟女」の1巻も5月に出ます。
「ふたりのおうち」4巻も5月の予定。3冊ぶんの作業に目がくらみそう。
がんばる。


PR
Posted by sitomi - 2019.02.10,Sun


先週は熱海で逗留。
宿で地下1階の部屋に通されたときは幽閉され感たっぷりだったが
じつは温泉もすぐ横ですぐに入れるし、そもそも斜面に建っているので
地下1階でも窓の景色は地上3階くらいなのであった。
腰や背中が疲れたらすぐに温泉に入って、というのを繰り返して
油脂分がすっかりなくなりカスカスの身体になったが
源泉掛け流しを24時間味わうことができたのは至福であった。
唯一の難点は、建物の造りが古いためにどれだけエアコンの暖房を効かせようと
どうしたってとにかく部屋の中は寒いのだ。すきま風が入る場所があきらかにわかる。
こたつがあればなあ・・と毎日思っていた。
まあ生来寒さにはわりと強いのでまだガマン出来たが
真冬のこの宿は女性などにはちょっときついかもしれない。

とりあえずまあ仕事は捗った。納得できてないネームもあるがとにかく最後までの形にしたので
ここからはまた担当さんと相談して色々やっていこうかと思うのであった。

しかし熱海入りしたときは体調が微妙に悪かったのだけど
帰ってくるころにはだいぶ元気になった。温泉効果かな。


Posted by sitomi - 2019.02.01,Fri


近所の漫画家“たくろう”さんと近所の山麓までラーツー。ラーメンツーリングですな。
奥のCB400SSがたくろうさんのバイク。
自分から誘っておいてナベを忘れて結局たくろうさんに借りるという迷惑野郎になってしまった。
でも景色のイイ場所で喰うラーメンはうまかった。

相変わらずお休みの合間というか仕事中にぬけだしてこういうことをしているのだった。
ガッツリ休みが全然ない。そうそう、先週の時点で「来週は熱海で逗留だあ」と思っていたら
まだ原稿が1本残ってて、それが上がってからなので今度こそ 来週熱海だあ、が正解なのだった。
4日で原稿を上げてそのあと5日間熱海。その5日間で数本のネームをあげるためにいくのだけど
それでも原稿仕事がないぶん身体は休まる。今度は24時間温泉に入れる宿だしね。

それにしても早く暖かくならないものか。机の下でアシが冷たくていかんのよ。
若い頃は・・というか2年くらい前まで全くそんな事無かったんだけどなあ。


Posted by sitomi - 2019.01.25,Fri


上の画は「はだかのくすりゆび」の翠さん。単行本のラフ。
ゴラクでの新連載はまたあの辺が舞台なのでロケハンに行ったりした。
いいかげん慣れた街でも新たな場所をうろつくとまた楽しい。
楽しいのはオレだけで若いスタッフはウンザリしている様子だったが。
また山陽電車を出そう。

来週は熱海逗留。それだけを楽しみに仕事に勤しんでいる。
素泊まりの古風な激安宿なので毎日の食事もちょっとだけ楽しみだ。
とはいえめんどくさくなって近所の同じ店に行くんだろうなあ。
いや、見せに行けばまだいいが最後はコンビニメシかもしれない。
まあそれでもいいのだ。自由に過ごせる時間がうれしい。
とにかく集中して最低2本仕上げたい。
まあ行く前にも1本ネーム描くんだけどね・・。


Posted by sitomi - 2019.01.18,Fri

「たと母」の話題が出たので昔のフォルダを漁っていたら
懐かしい画像が出てきたのでアップ。
たしかメンズヤング増刊で「たとえば母が」増刊かなにかを出したときに
描いた表紙絵のラフと清書。なつかしいなあ。ウェディングぽいものを、と言われたので
白いドレスを着せたのであった。

先週末明石まで行ったばかりなのに、一昨日また京都(ほぼ大阪)まで車を走らせた。
というのも、スタッフの1人が仕事2日目の夕方から突如発熱し、夜半に40度を超えてきたので
救急外来に行くと,予想通りのインフル。A型との診断。
仕事場はまだ絶賛作業中だし、他のスタッフもいるなかでインフル患者を密閉空間に
一緒に置いておくわけにはいかず、仕方ないので自宅まで僕が搬送することになったのだった。
その自宅が京都の南端なのだった。僕が自ら行ったのは一つにはほぼ全て高速を使って
長距離運転することができそうなのが僕かチーフの棚瀬くらいしかいないこと、しかしチーフが
抜けてしまってはもう仕事が進まないこと、そしてなにより僕だけがインフルエンザの予防接種を
していたのでA,B型には多少耐性があるであろうということ。罹患してもひどくならないらしいし。
なによりその時点ではもう僕が倒れても原稿はあがる状態だったし。
それでも一応、ベルファイアの後部座席を前部席と区切るような車中泊用のカーテンで間仕切りし
ほぼ隔離状態で140キロほどを走って送り届けてきた。せめてもの救いは彼の家は京滋バイパス
のインターからほど近いところだったので、一般道の渋滞等によるロスがほぼなかったことか。往復を4時間ちょいで帰ってきた。帰りに草津SAで昼食を買ってトイレ行った以外ノンストップ。
原稿は今日の昼に無事上がってスタッフ解散。さてじゃあパトスのネームをやらねば、
と思っていたのだけど、さすがに疲れて全然進まないなあ・・とおもったら
そもそも次回の打合せをしてなかったことに今日気づいた。担当さんに即連絡。
明日はまた新年会があるので東京。新年会の前にその打合せをすることに。

バタバタしてるけど東京へ行くのは結果的に色々ストレス発散にもなるし
机の前から離れるのでけっこう身体も休まる。1泊だけどのんびりしてくるのだ。


カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
[04/19 ももたろふ]
[04/16 ももたろふ]
[04/06 ももたろふ]
[04/03 トクメイ]
[03/16 ももたろふ]
[03/16 cyl]
[02/24 ももたろふ]
[01/29 ももたろふ]
[01/23 けぢさん]
[01/18 蓮次]
バーコード
プロ野球Freak
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]