忍者ブログ
田舎在住マンガ家艶々の日常など
[743] [742] [741] [740] [739] [738] [737] [736] [735] [734] [733
Posted by sitomi - 2020.03.18,Wed

この騒ぎなので新幹線をやめて車で東京まで行った。
担当さんも作家とは会わないようにというお触れがでているようで
どうしても会わねばならない担当さんとだけお会いして
あとはバイクを1台引き取り、ソイツを積んで帰り道に箱根で取材。
弾丸なわりには割りと有意義な出張だった。でも身体はバキバキだ。
車には騒ぎになる前に運良く買ってあった消毒液だとかマスクをけっこうたくさん積んで行って
万全の態勢で。まあ今のところどうもなってないのだけど油断は出来ぬ。

そして相変わらず原稿に追われる毎日。いつになったら元のペースに戻るのか。
ちなみに大阪から通ってくるスタッフ二人は自宅待機や在宅アシとしてもらった。
しばらくはこのままだけどこの疫病が長引いたら色々考えないとね。
アタマが痛い問題がたくさんだ。


PR
Comments
無題
かきすて!2話掲載の乱TWINS購入しました
のんきな雰囲気でなかなか楽しいです
江戸時代には、ああいう一人露天温泉があったんですねぇ
以前、帰れマンデーかなんかで江戸時代から現存する温泉で、一人しか入れないサイズの温泉が紹介されてました
なんか通り沿いみたいで小屋の中でしたが
Posted by ももたろふ - 2020.03.23,Mon 22:12:20 / Edit
Re:無題
>かきすて!2話掲載の乱TWINS購入しました
>のんきな雰囲気でなかなか楽しいです
>江戸時代には、ああいう一人露天温泉があったんですねぇ
>以前、帰れマンデーかなんかで江戸時代から現存する温泉で、一人しか入れないサイズの温泉が紹介されてました
>なんか通り沿いみたいで小屋の中でしたが

ありがとうございます~!
あの雰囲気をうまく紡いでいきたいですねえ。
で、あの時代に一人露天があったかと言えば…実際はなかったのではないか?
というのがその道の先生のご意見でした。
やはり一人しか入れないような非効率的なことを
あの時代には出来ないんじゃないか?と・・
でも完全になかったかといえば、そこまでも言えないかなあ、と。
じゃあじゃあ、まるっきり空想でもないよね?ね?あったかもね?
ーという、こちらに都合のよい解釈で描いております(´∀`)
時代物は見てきたものがいるわけでもなし・・というのがあるので
ちょっとだけそういう部分が自由なのかもしれません。

アユムノートというおなじ宿場町を旅するマンガもWEBにありますので
そちらも読んで楽しんでいただければと思います。
現在アユムノート第二話と、かきすて第3話のネーム中です。
がんばります-^^
Posted by - 2020.04.16 at 02:04
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
[05/26 気動車おやぢ]
[05/20 ももたろふ]
[05/19 翠]
[05/12 気動車おやぢ]
[05/07 島国万歳]
[04/22 翠]
[04/21 翠]
[03/23 ももたろふ]
[03/16 翠]
[01/19 ももたろふ]
最新情報
バーコード
プロ野球Freak
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]