忍者ブログ
田舎在住マンガ家艶々の日常など
[664] [663] [662] [661] [660] [659] [658] [657] [656] [655] [654
Posted by sitomi - 2018.03.16,Fri


北海道の次は東京を挟んで九州へ。
古い友人の墓参りだった。
本当は昨年末に行くつもりがどんどん押していって今月になった。

小牧空港からFDAで福岡空港へ。そこからレンタカーで長崎まで。
この方がずっと安く早く移動できることがわかった。
目的地は長崎の大村なのでたかだか120キロちょい。高速もあるので楽々。
普段てろてろと出かけるときに走ってる距離とたいして変わりないのでなんてことはなかった。

大村から今回の宿泊地の池島へ。西海まで60キロほど。
こっちは何度も走ってる道なのでもうナビすら要らない。
のんびりしすぎてフェリーに乗り遅れ2時間待ちになったけど
その分近くの港町をうろついたりして楽しかった。

池島は2年振りだったけどたったそれだけで色々変わっていた。
立ち入り禁止区域が増えた・・というか警告の看板が増えていた。
ブラタモリなんかでも紹介されたし、この島に来る人間の結構な数が
立ち入り禁止区域に入っているのかもしれない。
まあ廃墟好きはそういうリスク(最悪の場合検挙される事も含め)を承知で入っているとは思うし
僕自身は入る気もないのでその行動にどうこう言うつもりもないのだけど
それを堂々とまた有名写真サイトにアップしたりするのはいかがなものか。
自分のブログとかだけにしておいたらいいのになあ。

上の写真の緑色の建造物は手前にあるのがトリンマー。奥の方に見えるのがジブローダー。
ともに船に石炭を積み込む装置だと思う。
しかし巨大なジブローダーも初めて見たときに比べるともう色んなものが脱落してしまって
ずいぶんすっきりしてしまっていた。やがてもっと朽ちていくのだろう。
ちなみにそこも、以前のようにちょっとだけ近づいて写真を・・なんてこともできないくらい
がちがちに有刺鉄線が張られていた。


僕が何度かこの島に来る理由は廃墟の建物だとかそういうものも好きなのだけど
一度は栄えた後の、もう静かな夕暮れを迎えてるような今の状態が好きだからだ。
軍艦島には廃墟しかないけど、池島は廃墟と共に、まだそこかしこに生活があって
それがゆっくりと暮れていく現在進行形なのだ。
それをしみじみと眺めるために行っているんだとおもう。
夕暮れの独特のあの静けさは他ではなかなか味わえない。

前に一度似たようなものをみたなあ、と寝るとき考えていたけど
そうだ、あれは徳山村だと思い出した。
いまはもうダムの底になってしまったけど、まだ人が住んでる頃
徳山村へ遊びに行ったりしてるときも似たような感じだった。
もうそのときすでに正式な”徳山村”という名前もなくなったあとだったけど
まだ結構な人が住んでいて、夏には川で子どもが泳いだり遊んだりしていた。

それから数ヶ月毎に人は減っていって、最後には誰もいなくなって建物も取り壊されて
小学校だけが墓標のように残ってたなあ。

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 12 13 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[07/11 ももたろふ]
[07/03 ももたろふ]
[06/23 アレクサンドル・ビュコック]
[04/09 ももたろふ]
[04/01 アレクサンドル・ビュコック]
[02/21 ももたろふ]
[02/17 アレクサンドル・ビュコック]
[01/30 ももたろふ]
[01/24 ももたろふ]
[01/02 ももたろふ]
最新情報
バーコード
プロ野球Freak
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]