忍者ブログ
田舎在住マンガ家艶々の日常など
[482] [481] [480] [479] [478] [477] [476] [475] [474] [473] [472
Posted by sitomi - 2015.10.22,Thu
旅行から帰って参りました。
一人で行く旅は移動先以外の目的がほとんどないので、案外のんびりしたもので
疲れもさほどないのだけど
今回のように社員旅行なんて名目で行くとなるとやはりそれなりにあちこち移動するわけで
やっぱり最終日はもう少々疲れ気味。それでもおそらくは一般的なそういった旅行に比べると、行く箇所はかなり少なめの我が社の旅行なのだが。






砂丘や松江や出雲大社なんかももちろんよかったのだけど、最後に泊まった美保関というところが特によかった。
なんというか侘びれた町や村や集落というのはけっこうそこら中にあるのだけど、大概わびれを通り越して、本当に寂れてしまっているようなところが少なくない。もっとも僕はよくそういう場所に好んで行ったりしてるわけだが。しかし我が町に観光客を呼ぼうとすると、その方法としてなりふり構わず古き良きものまで排除してしまったり(これは住んでいる当人たちには日常的な古さに良さを感じるはずもないので仕方ないと思う)、古かった建物をさも古いように見せかけた最新建築物になっていたりすることも多い。小京都なんて呼ばれようとするところに多かったりするね。まあ生活の快適さが優先されるのは当然だと思うのでそれも仕方ないこと。

しかし、たまーに侘びれ感ときちんとした観光が混在する場所がある。まさに美保関がそうだった。古い箇所もたくさん残ってるが決してあきらめてる風でもないような。
観光だってそれなりに力入れてますがあくまで平常心で、というかんじ。
平日だったこともあって人はかなり少なかったけど、境港からも中途半端に離れた場所なので観光客でごった返すなんてことはお祭り以外だと希なんじゃないだろうか。

美保神社で毎朝夕おこなわれるという”おつとめ”がとてもよかった。巫女さんの舞も見られた。ちなみにそのときの見物客は僕らだけだ。
誰に見られていようが見られていまいが毎日同じようにこれは行われているのだな。

あとから知ったが、この神社は恵比寿様の全国総本山とのこと。出雲大社とこの美保神社両方を参ってはじめて”恵比寿大黒両参り”となるとのことで。結果的によかったよかったと。

帰ってきたあとはがっつり寝て、今日の朝から下書き開始。with me第4話。
huluでずっと小津安二郎を流している。途中からあまりアタマに入ってないが。
2日で終わりそうだけど余裕があるのでたぶん3日かかるはず。









PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 11 12
13 14 15 16 17 19
20 21 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[08/20 ももたろふ]
[08/05 シェーンコップ]
[07/14 シェーンコップ]
[07/07 シェーンコップ]
[06/24 ももたろふ]
[06/19 ももたろふ]
[05/31 ももたろふ]
[05/31 シェーンコップ]
[05/22 シェーンコップ]
[05/19 ももたろふ]
最新情報
バーコード
プロ野球Freak
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]