忍者ブログ
田舎在住マンガ家艶々の日常など
[671] [670] [669] [668] [667] [666] [665] [664] [663] [662] [661
Posted by sitomi - 2018.05.07,Mon


昨日はなんとなく誘われて朝から林道を走り回ってきた。
いやあ新緑と青空のコントラストがすごかった。思ったより近所でぐるぐると回れる。
今度から気分転換に走ってみよう。

それ以外特筆することもないので最近表紙買いした本のはなしなど。
「モブ子の恋(田村茜)」1~2巻。
感情表現がシンプルですごくよかった。一見無表情みたいな顔も読んでるとじわっとする。
すごく繊細に表現してるんだなーとおもう。
この作品も途中で2人各々の心理表現を入れ替えるやりかたをとっている。コレ好きだなー。

あと少し前だけど「綺麗にしてもらえますか(はっとりみつる)」1巻購入。
ザ・熱海。熱海を描くならこうなのか。絵がもうステキ。何回か読んじゃった。
見開きこう使うのか、と。表現が豊かですごい。イマドキ男子もいい。
そうなんだよ無表情なんだよなあ。一軒ずいぶんクールで、でも感情はあるわけで。
ウチの新人スタッフ男子もこんなかんじなのだ。

さらに前になるけど
「二匹目の金魚(panpanya)」
panpanya の単行本はこれまでも全部買っている。
なんというかお話は荒唐無稽なんだけど学生の頃まどろみながら妄想したようなことが
そのまま具現化されたようなところがあって、台詞をよく考えてみるとむちゃくちゃなようで
案外まともなことゆってるよなあ、と思ったりしてやっぱり何度も読み返してる。
繊細で緻密な背景とイイカゲンといえるほどのキャラ描写のマッチングがすごく好き。
いつか真似すると思う。しよう。
ちなみにpanpanyaというお名前をパンパニャとよむのかパンパンヤと読むのかよくわかってない。
ちなみに僕の親父はSANYO電気に勤めていたのだが、よく「むかしは海外出張に行くと
”サンヨー“ではなく”サニョー“と呼ばれたんだよ。知名度がまだまだ低かった頃の話だけどな」
なんてことを話してくれたのを思い出したりして。あんまり関係ないか。
まあそのSANYOも今はもうないわけですけどね。親父は良い時期に退職したと思う。
ますます関係ないな。

そんなこんなで今夜もネーム。下書きと並行してるのでちょっとツライ。
早くケリをつけねば。

※そうそう、作者様は敬称略でお送りしております。屋号としてのお名前のつもりで。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
01 2019/02 03
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
[01/29 ももたろふ]
[01/23 けぢさん]
[01/18 蓮次]
[01/17 気動車おやぢ]
[01/09 蓮次]
[01/07 先生の追っかけ]
[01/05 先生の追っかけ]
[01/05 先生の追っかけ]
[01/01 ももたろふ]
[01/01 美晴のファン]
最新情報
バーコード
プロ野球Freak
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]